ネトゲについてまとめてみた

ネトゲ「FF14」

日本で一番有名なネトゲというと、やはりFF11ではないでしょうか。

私もプレイしていましたが、FF14の発売が決定された頃に引退を決意し、現在はPC版FF14をプレイしております。

しかし、何かと問題を抱えていたFF14です。

今では、開始当初と全く別のゲームに変わってしまいました。

前評判が異常なほどに加熱していたFF14では、ベータ開始と同時にFF11からの移住組みに悪質な噂を流され、それを機に問題解決を行なおうと奔走しました。

結果、運営陣を入れ替えるなどして現在の状況まで漕ぎ着けましたが、当初の予定からは随分と違ってしまったようです。

私なりに感じているFF14の問題点を考慮したのですが、やはりFF11の影響が強過ぎたのが原因ではないでしょうか。

ほとんどのプレイヤーがFF11とFF14が別のゲームであると受け入れられていなかったのがその要因の一つではないでしょうか。

実際プレイしていた私は、決してFF14を面白くないとは思えませんでした。

なんせ、先行してカンストしてしまったくらいのプレイ時間に達していましたから。

恐らくですが、ネトゲとしての基板を作り上げたFF11のシステムに慣れたユーザーが多かった為、同じようなシステムを望んでいた為に生じた問題が多かったように思います。

例えば、FF14は売り出し当初から少人数でもプレイ出来るネトゲとして始動しました。

勿論、そういった告知もなされていたのですが、ユーザーはもっと大勢でワイワイ遊びたい、と感じたようです。

しかし、コレはそもそもおかしい話だとは思いませんか?

FF11が高難度で多人数プレイを前提としていたので、FF14は少人数でもプレイ可能な作品にし、他人とのコミュニケーションが不得手な人たちにも楽しんで貰えるようにと開発された筈だったのに。

しかし、大半の人がそうは思えなかったようで、結果が現在のシステムになってしまったのではないでしょうか。

今では、殆どFF11のシステムと変わりの無い作風に調整され、当初の売りだったアーマリーシステムまで撤廃されるといった始末です。

ユーザーの声は大切なのでしょうが、コレではFF11をやっているのと変わりありません。

世知辛いというか何と言うか。

それでも、今もFF14を私は楽しむようにしています。

私は、ファイナルファンタジーという作品を愛して止みません。

ですが、欲を言うならば、エニックス合併前のスクウェアに戻って欲しいと、自由な作風をもっと大切にして貰いたいと、そう思う次第です。